医療施設の身元保証について

医療の身元保証が求められることがあります。

身元保証は、本人つまり患者本人に支払能力がない場合に代わりに支払ってもらうということがあります。


次に患者本人が亡くなった場合に対応してもらうためのつけてもらうことがあります。
このことから、医療や福祉においては、長期の入院や入居に対して求められることが多いです。

このサイトで身元保証関する情報探しのお役に立つサイトです。

現在、未納になっている件数がとても多く、財政面でも運営として問題になってきています。


経済的困難な場合は仕方ないこともありますが、支払能力があるにも関わらず払わないケースも増えているのが現状です。


また、患者本人が亡くなっても行き場所がなかったり、看取られない方も多くいます。
医療や福祉の立場としても亡くなってからも患者さんが行き場所がないのはとても困ってしまいます。身元保証は、可能な限り近い親族にできればお願いするべきです。
急に容態が変化したり、死亡した場合は必ず連絡が入ります。

病院によっては最後の受取人として身元保証人と入院費などの支払いのための保証人を別々に求められることがあります。
昔と違い、核家族がふえて、家族がいない人や疎遠になったりと様々な理由で孤立している方が多くいるのも実情です。
ただ、病院により制度や進め方などまったく違うというのもあります。



地域連携室などに連絡をして確認していく必要があります。



1人で済む場合もありますし、2人でないといけない場合もあるのでまずは連絡をすることから対応が変わっていきます。