即日ファクタリングに必要な条件

subpage01

ファクタリング業者によって売掛債権の譲渡にかかる時間は異なります。

また金額によっても即日で現金化できるかどうか変わってきますので、急いでいる場合は必ず取引する業者に確認を取るようにしましょう。

まず必要な書類は、身分証明、印鑑証明、住民票、取引先からの入金履歴がわかる通帳のコピーなど、売掛債権があることを証明できる請求書などです。

今までになかったファクタリング会社のランキングに関する情報を公開中です。

ファクタリング業者によって必要になる書類は変わってきますが、売掛先にたいして審査が行われるのは、どの業者でも共通です。
この審査では売掛先が破綻するリスクがないか、会社として信頼できるかチェックされます。


それと同時に申込者の税金の滞納の有無も重要になります。

税金を滞納していると差し押さえに合う可能性があるため、ファクタリング業者が資金を回収することができなくなる危険が出てくるからです。
即日希望の場合は必ず当日でも午前中など、早い時間に申し込みをするようにしましょう。



月末近くになると業者を利用しようとする人も増えるため、対応に追われて手続きに時間がかかるケースもあります。
全銀ネットが24時間化されたことによって、以前よりも即日ファクタリングのハードルは下がっていますが、契約する場合は来社する必要がある業者も多いため、必ず営業時間内に手続きを終えなくてはなりません。

印鑑証明や住民票など、マイナンバーカードがない人は役所で発行しなくてはなりません。

役所の閉まる時間にも注意しておきましょう。