身元保証は信頼関係で

就職などが決まると、大抵の会社では身元保証人が必要となりますね。身元保証人とは、その人の身近な人、つまり親などが受けることが多いですが、親族のいない人にとっては知人などに依頼することがあるため、それなりの信頼関係ができていなければ難しいでしょう。

身元保証人になれば、その人が会社でトラブルを起こしたりすれば当然責任が向いてきます。

様々な身元保証の分かりやすい情報はこちらのサイトです。

横領などあれば負債することになるのかもしれませんね。
例えばアパートの賃貸契約の時、身元保証人となっていれば、蒸発などしていれば責任をとって部屋の片づけや滞納金を保証しなければならないでしょう。

もしそんな事になってしまえば元も子もありません。

身元保証を依頼されたら、まずそれを踏まえて受けるかどうか決めた方がいいでしょう。

時代は厳しく格差はなかなか解消されません。



非正規雇用などで不安定な暮らしを余儀なくされている場合、思わぬ被害に遭う場合も予想できます。
信頼関係がなければ成り立たないのが保証人への覚悟です。
親兄弟ならともかく、あまり関係ない人からの保証人依頼には十分気をつけて下さい。
詐欺も多いです。

常々予期せぬ事が起きることを覚悟しておきましょう。しかし、人は情けに弱い動物です。



困っている人に頼まれればどうしたって助けてあげたい、お役に立てればという感情は捨てきれません。

そんな情にほだされて泥をかぶった人も多くいることは事実です。


一応心にとめておいてくださいね。