身元保証人がいないと入院もできないのでしょうか

介護保険利用の契約や病院に入院するとき、施設入所等には必ずといっていいほど身元保証人を求められます。


正確には身元保証は家賃や入院費などの支払いに関することに対処することが主で身元引受人とは性質が異なりますが、同じような意味合いで使用されることも多々あります。
核家族化や一人暮らしの人が増えてきている現代、特に高齢者にとっては身元保証と言われても誰に頼めばいいのだろうと悩む人が増えてきています。
身寄りがなくて困っている、自己判断が不安になってきた、家族は遠方におり疎遠になっている、後見人をたてるには抵抗がある、等の悩みのある人は多いのが現状でしょう。

厚生労働省では身元保証人がいないことで入院や介護保険施設入所を断ってはいけないとしていますが、現実問題としては敬遠されるのがほとんどです。
中には必要のない施設もありますが、数的には少ないものです。

身元保証ならこちらのサイトがオススメです。

そういう時に利用できるのが身元保証会社という団体の存在です。

緊急時の駆け付けから、外出時の同行などの普段の生活の支援、財産の管理や相続問題、亡きあとの諸々の手続きや片付け、葬送や納骨支援等々、サービスの内容は各会社によって異なりますが、サービスメニューを豊富に用意しており、必要に応じたサービスの提供を行っています。

全国には100以上の団体があり、公益法人であったり、株式会社、NPO法人などその形は様々です。



身体も元気で判断力のあるうちに、自分の将来を考えて情報収集を行い最も自分に適した方法を考えておく必要があるでしょう。