即日ファクタリングの必要性

subpage01

即日ファクタリング契約をしていることを知られずに利用するには、2社間契約であれば可能です。

売掛先の承諾が不要なので、自社の信用を保つにはとても良いシステムです・売掛け債権を買い取る方法が即日ファクタリングなので、万が一取引先などが倒産してしまい、回収が困難な時でもそのリスクを負う必要がありません。
全国各地でも現在建築ラッシュが湧いてきており、建設業界も忙しくなっていますが受注ベースで非連続的な産業構造でもあります。


他の業種に比べると資金調達が難しい反面、即日ファクタリングの利用がしやすいメリットが知られています。
中小企業の経営継続を目的とし、持続的な成長を実現させることは工賃支払いまでのリードタイムや工期延長に伴っての資金リスクになります。


資金の操りが悪化することもあり、それに備えて計画的に資金調達をして行くことが必要です。
例えば建設業界の場合は、建物が完成した時それと引き換えに工事代金を受領するシステムです。

ファクタリングのおすすめ

前金として一部だけ代金が支払われることも一般的ですが、下請け会社に仕事を依頼をする時は前金としてのまとまったお金が必要になります。
工事代金を売掛け債権として使うには信頼性も高く、掛目も高い方が取引しやすいとされています。



このような状況の下で最適な資金調達方法とも言える、インターネットショッピングなどは急速に取り扱い個数も増えつつあります。



物流業界にも最適化されているファクタリングを提案していることも特徴です。